FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

とっきー

管理人:とっきー
ゾンビ映画が好きですが
ゾンビを退治するのも好きです。

WELCOME
アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2010/02/15/Mon 13:27:40
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:映画

■ラブリーボーン


<ストーリー>
優しい両親と可愛い妹弟に囲まれ、幸せに暮らしていたスージーは無残にも14歳で殺されてしまう。
スージーを殺した男に警察の捜査の手はまったく伸びず、愛する娘を突如失った両親は深い悲しみに嘆いた。
現世と天国の狭間で、そんな両親をただ見守るしかできないスージーだったが・・・。


なんかもう切ない。
スージー役のシアーシャ・ローナンが可愛くて可愛くて
犯人役の半ハゲがもう憎くて憎くてしょーがないっす。

まだ14歳で、未来も夢もあってキラキラしてて、淡い初恋の成就に胸ときめかせていた
あんな可愛い子をよーくーもー(落ち着け)


以下ネタバレ。


ファンタジーらしいのですがサスペンス色が濃いです。(監督がな・・・)
初めにスージーが犯人の手に落ちるあたりやら、クライマックスの妹が犯人の家に忍び込むあたり。

ていうかあんな手にひっかかるなんてもー馬鹿!馬鹿!
14歳ってまだ子供なんだねえ・・・
ていうかこのハゲ普通に連続殺人鬼じゃねーか。
こんなんが近所に住んでるなんてオソロシすぎる。

犯人役のスタンリー・トゥッチは、これでアカデミー助演男優賞にノミネートされています。
もう本当に気持ち悪いし許せなかったからいっそ獲って欲しい・・・。

冒頭に「見えないものが見える」とされているスージーの同級生が出てくるので、きっとこの子とだけコンタクト取れる設定なんだろうと思ったら全然違った。
死者は無で、どれだけ家族を想ってもどれだけ犯人が憎くてもなにもすることは出来ない。
そして残された者はどれだけつらくても自分達で乗り越えるしかないのです。

でも、最後にちょこっとだけ奇跡が起きます。
「やりのこしたこと」ってそれかいwと思わなくもないけど、スージーが思い残すことなく天国へ旅立てるならOKです。
こんな悲しい事件が1件でも減りますように。

スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://bgrazzledazzle.blog97.fc2.com/tb.php/363-1b3c263f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。