FC2ブログ
カレンダー
プロフィール

とっきー

管理人:とっきー
ゾンビ映画が好きですが
ゾンビを退治するのも好きです。

WELCOME
アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ラストハザード

ラストハザード [DVD]ラストハザード [DVD]
(2009/05/15)
ジーナ・ラムスデン
ジョシュア・ネルソン

商品詳細を見る

<ストーリー>
人が死んでも蘇る「不死症候群」なる病が蔓延。
蘇った人間はゾンビには違いないが、人間を襲ったりしない。体は死体だが、中身は人間のままだ。
ある日、主人公のアンジェラは暴力彼氏に撃たれて死ぬが、蘇る。
生き返った彼女は今までと同じように生活するが、周囲の反応はそうはいかなかった。友人は離れ、職を失い、徐々に場所を失っていくアンジェラ。
そういった「ゾンビを受け入れない」人間たちの中で、タチの悪いチンピラが群れを作ってゾンビを狩り始める。
そして、迫害される一方だったゾンビ側にも変化が・・・


これまた新しい。チンピラに拉致されるゾンビ。

この映画のゾンビは生前と同じように生活している。TVではゾンビ用の化粧品のCMが流れたりする。
一見受け入れられているようだが、やはり不気味なものは不気味。
生き返った死者に周囲は冷たい。
アンジェラは同じ境遇の不死者たちの集会に顔を出すようになる。

なかなか切ない内容です。

仕事を失ったアンジェラは、再就職のためゾンビ用の化粧品で衰えてきた肌を隠し、面接を受ける。
経歴が申し分のない彼女はすぐに面接を通るが、就業前に健康診断があると知り愕然。
「うちはゾンビは雇わないんだ。大丈夫だと思うけど決まりなんでね」

集会所で愚痴るアンジェラ。
「前は、彼氏と別れたりカードローンがいっぱいで最低だって泣いてたけど

いまやゾンビで無職よ」

この映画はゾンビの方が弱者という非常に変わったゾンビ映画です。
人間のほうがヒドイ。
特にゾンビ狩猟隊の隊長(女)は最低だ。
こいつにはもう「死霊のえじき」のローズくらいの死に方を用意して欲しかった。

社会的弱者であった不死者たちですが、「人間とゾンビのポジションが入れ替わるべき」という危険思想のゾンビ団体が現れる。
そこのゾンビ達は「ゾンビらしく」人間を襲って食べちゃったりする。
この辺りからちょこっとだけゾンビ映画らしくなる。

内容がけっこうてんこ盛りなんで、あらすじを追っていくとすごく長くなるので端折ります。
後半はなぜかゾンビVSゾンビの図式に。
つかゾンビを食べるゾンビとか、死んでかなり経つはずなのに刺されたら血が噴き出すとか、突っ込みどころも満載です。痛覚があるゾンビってのも珍しいよね。

ラストがぐだぐだですが、意外と面白かった。
願わくば女隊長にはもっと凄惨な最後を迎えて欲しかったねえ。
あんなヒドイ女がやり遂げた顔で死ぬとか意味わからん。

スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://bgrazzledazzle.blog97.fc2.com/tb.php/358-af0a7baf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。