カレンダー
プロフィール

とっきー

管理人:とっきー
ゾンビ映画が好きですが
ゾンビを退治するのも好きです。

WELCOME
アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2010/02/23/Tue 13:53:17
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日記

■トマト鍋

tomato

先日友人とトマト鍋をしました。
最初「トマト鍋ってしたことないからトマト鍋がいい!」って言われた時は引いたけど、
ネットで調べて材料揃えて、いざやってみたらこれがんまい。

鍋だと思うからいけないのであって、こーゆー料理だと思えばノープロブレム。
煮立った頃にチーズを加えてとろとろチーズと一緒に食べたらさいこーっす。

シメはパスタにしましたがこれまたいける。
リゾットや、卵を加えてオムライスもいいそうです。
今度はそれでやろうかな~~。


スポンサーサイト
  • 2010/02/15/Mon 13:27:40
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:映画

■ラブリーボーン


<ストーリー>
優しい両親と可愛い妹弟に囲まれ、幸せに暮らしていたスージーは無残にも14歳で殺されてしまう。
スージーを殺した男に警察の捜査の手はまったく伸びず、愛する娘を突如失った両親は深い悲しみに嘆いた。
現世と天国の狭間で、そんな両親をただ見守るしかできないスージーだったが・・・。


なんかもう切ない。
スージー役のシアーシャ・ローナンが可愛くて可愛くて
犯人役の半ハゲがもう憎くて憎くてしょーがないっす。

まだ14歳で、未来も夢もあってキラキラしてて、淡い初恋の成就に胸ときめかせていた
あんな可愛い子をよーくーもー(落ち着け)


以下ネタバレ。


ファンタジーらしいのですがサスペンス色が濃いです。(監督がな・・・)
初めにスージーが犯人の手に落ちるあたりやら、クライマックスの妹が犯人の家に忍び込むあたり。

ていうかあんな手にひっかかるなんてもー馬鹿!馬鹿!
14歳ってまだ子供なんだねえ・・・
ていうかこのハゲ普通に連続殺人鬼じゃねーか。
こんなんが近所に住んでるなんてオソロシすぎる。

犯人役のスタンリー・トゥッチは、これでアカデミー助演男優賞にノミネートされています。
もう本当に気持ち悪いし許せなかったからいっそ獲って欲しい・・・。

冒頭に「見えないものが見える」とされているスージーの同級生が出てくるので、きっとこの子とだけコンタクト取れる設定なんだろうと思ったら全然違った。
死者は無で、どれだけ家族を想ってもどれだけ犯人が憎くてもなにもすることは出来ない。
そして残された者はどれだけつらくても自分達で乗り越えるしかないのです。

でも、最後にちょこっとだけ奇跡が起きます。
「やりのこしたこと」ってそれかいwと思わなくもないけど、スージーが思い残すことなく天国へ旅立てるならOKです。
こんな悲しい事件が1件でも減りますように。

  • 2010/02/14/Sun 12:23:02
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日記

■来月のお楽しみ

dinner

オークラから結婚一周年記念ディナーの招待状キター!
これが目当てでゲストハウスをやめてホテルにしたようなもんです。

  • 2010/02/12/Fri 09:47:11
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:映画

■アバター


噂の「アバター」をようやく鑑賞。
地元のいつもはガラガラな映画館が満員御礼。
おかげで前から3列目で見るはめに・・・。

はじめての3D映画に、最初こそ「うおお」でしたが、慣れってすごいな。
後半は意識して見ないとどこが飛び出しているのかわかりにくい。

映像が綺麗で、スピードがあってまるで遊園地のような映画でした。
パンドラの神秘的な森、うごめくモンスター共に狩り魂がうずいたのは私だけじゃないはずだ。
ただ、内容はどっかで見た事あるよーなないよーな。
あまりにも展開が都合よすぎるよーな。


以下若干ネタバレ。

確かに人間の方がヒドイ事してるけど、気持ちいいくらい

180度寝返ったね!主人公w

あと、主人公が「トルーク・マクト」になるくだりはどーなの。
有史以来5人しかいない勇者に、そんなアッサリ・・・。


内容が面白いわけじゃないから162分はちょっと長いけど、映像はスゴイです。
ミシェル・ロドリゲス久しぶりに見た~オイシイ役で出てるな。

■デイ・オブ・ザ・デッド

デイ・オブ・ザ・デッド DTSスペシャル・エディション [DVD]デイ・オブ・ザ・デッド [DVD]
(2009/01/30)
ミーナ・スヴァーリ
ニック・キャノン

商品詳細を見る


私が大好きな映画、ロメロ監督の「死霊のえじき」のリメイク作品です。
内容全然違うけどな。

でもまあ、これはこれでなかなか楽しめました。
主人公のサラはロメロ作品では軍の科学者ですが、こちらは伍長です。

以下ネタバレ。

サラ : 「新兵さんね、友達からは何て呼ばれてる?」
新兵 : 「バドです」

はいゾンビ決定ー!

「死霊のえじき」にはバブという名のそれはそれはキュートなゾンビが出てくるのです。

案の定、ゾンビに襲われ噛まれたバドはゾンビと化す。
しかし、彼はサラ達を襲わない。なぜなら彼は

菜食主義者だったのだ。

しかもサラに淡い恋心を抱いていたため、世にも珍しい恋するゾンビとなる。

ゾンビがいわゆるスプリンターゾンビなので、やかましいことこの上ないです。
勢い余って天井を四つんばいで走ったり、もうめちゃくちゃ。笑ったけどww

サラの弟たちが閉じ込められる町の小さなラジオ局のあたりとか面白いですねえ。

そして、クライマックスは町がこうなった原因を作った科学者(すでにゾンビ化)が登場。
こいつがまた賢くて笑える。すばらしい。
こいつのせいでピンチに陥ったサラを、バドが助けてくれるんです。

オチがまた「お前生きてたんかい!」ってのもいいねー。
ちっとも問題は解決されてないけどやたら明るい終わり方で。

全然期待していなかっただけに、面白かったです。アタリだ。

  • 2010/02/05/Fri 22:23:34
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:ゲーム

■メイクライ4プレイ日記


サンオブスパーダ(HARDにあたるモード)をクリアしました。
いよいよ毎度お馴染みダンテマストダイがプレイできるようになりましたが

MISSION2で死にまくり。

ウィキによると、敵の攻撃力は3倍になっているのに対してプレイヤーの攻撃力は0.7倍とか・・・どんだけ・・・。

ちょっとオールSはしんどそうだな。

ところでこないだからうちのダーリンが「ベヨネッタ」始めてますが
これはこれでスゴイ。
ダンテの真似をするかベヨネッタの真似をするか選べと言われたら同じくらいハズカシイ。
と思ったらディレクターが同一人物だった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。