カレンダー
プロフィール

とっきー

管理人:とっきー
ゾンビ映画が好きですが
ゾンビを退治するのも好きです。

WELCOME
アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2008/10/31/Fri 00:34:32
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日記

■スイートポテト

potato

私にしてはいい出来なので、記念撮影。

スポンサーサイト
  • 2008/10/30/Thu 23:59:54
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日記

■まさかの質問


本日母と外出した際、新しくオープンした和カフェに入ってぜんざいを食べたら
ものすごく熱くて舌をヤケドした。

私:「ヤケドした」

母:「小豆で?餅で?汁粉で?」

そこ重要?

  • 2008/10/29/Wed 00:23:04
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:ゲーム

■零 ~月蝕の仮面~

零 ~月蝕の仮面~零~月蝕の仮面~
(2008/07/31)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

現在難易度HARDにて2周目プレイ中。
ちなみに1周目の成績は霊リスト148/233、鬼灯人形12/79でした。
人形全然見つけられてないじゃん(笑)

2周目も最終章まで来ました。
攻略サイトを見ながら霊リストと鬼灯人形を埋めながら進んでいるので結構時間掛かってます。

その鬼灯人形ですが、現在発見数76。
サイトの情報と照らし合わせたところ、あと見つけてないのが2個。
1個足りない。

どこを見落としたのかまったくわからない。
霊ならリストになっているので、「○○番の霊の場所はここ」という情報があるのですが、人形はそれがない。サイトにのっている鬼灯人形の場所一覧を見てみても全部行ったような気がする。
ゲームオーバーになってリトライする時にスルーしてしまったんだろうか・・・となるともうマジで残り1個がどこの人形かサッパリわからん。ちょっと泣きそう。

  • 2008/10/26/Sun 20:54:44
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日記

■念願


とうとう我が家にwiiがきたよ!(注:借り物)

さっそく「零~月蝕の仮面~」をプレイ。
バグがあるのに、どうしてプレイするのか。それは
そこに心霊写真があるから。

なんか今回ヒロインいっぱいいるね。
でもどれも同じ顔に見えるわ、画面暗いし。つーか暗すぎ。

ただいま四ノ蝕で中庭の双子(?)に苦戦中。

  • 2008/10/23/Thu 23:59:46
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:映画

■スターシップ・トゥルーパーズ

スターシップ・トゥルーパーズスターシップ・トゥルーパーズ
(2006/01/25)
キャスパー・ヴァン・ディーン
ディナ・メイヤー

商品詳細を見る

観たことない人は是非観て欲しい。
最高にバカだから (誉め言葉)

だいたいあんな巨大で頑丈で凶暴な昆虫に歩兵で立ち向かうなんて
死ね
って言ってるようなもんなのに、みんな突っ込むんだよね、若いよね(爆笑)
ほんで「戦死者10万人」って当たり前だっつーの。

基本SF(のハズ)なんだけど、主人公が高校を卒業したばかりの若者達だから無駄に青春テイストてんこ盛り。
「戦死者10万人」の横で恋が破れたり実ったりする。
SF20%、グロ30%、青春30%、エロ20%とどれも譲らないところがバカさ加減に拍車をかける。

エンディングは、目の前で親しくしていた上司があんなショッキングな死に方をしても
「私達3人が協力すれば怖いものなしね」と
肩を組んで爽やかに笑う。

これ、原作があるんだけど(原題「宇宙の戦士」)、内容全然違うんだって。
だろうなー(笑)

  • 2008/10/21/Tue 23:52:37
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日記

■とうとう

プリズン・ブレイク vol.1プリズン・ブレイク vol.1
(2006/05/11)
ウェントワース・ミラー
ドミニク・パーセル

商品詳細を見る

見始めちゃった。

まだ4本目終わったトコだけど、私は「24」のが好きだなあ。
主役はマイケルの方が10倍くらい男前ですが。
でも一番好きなのはトニーだもんね!(主張)

  • 2008/10/20/Mon 18:29:52
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日記

■フランス産ホラーの


「屋敷女」( ※「座敷女」 に非ず )が近々上映されるそうです。
ちょっと行きたいけど来年1月にはDVD出るみたいだし、どうしようかな~(楽しそう)

座敷女とどっちが怖いかな。最初「座敷女」が映画になったのかと思って「一体誰があの役を!?」と超食いついたら別物だったわけですが、これはこれでだいぶ怖いみたいで楽しみ。

  • 2008/10/19/Sun 00:41:08
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日記

■イケメンバンク


http://ikemenbank.jp/

500円玉を貯めてイケメンと愛を育む貯金箱、その名も
イケメンバンク。

ロフトで見つけて爆笑。バンダイ・・・!

「案外ワガママなイケメンはあなたにおねだりをしてくることがあります。
500円を入れてイケメンの欲しがるものをあげてくださいね」

イケメン:「お腹すいた」

500円を入れるとご飯が出てきます

イケメン:「サンキュ!」

ヒモじゃねーか。

  • 2008/10/18/Sat 23:42:23
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:映画

■バス174

bus174

2000年にブラジル・リオデジャネイロで発生し、テレビの生中継でブラジル全土が釘付けになったバスジャック事件を追ったドキュメンタリー。

ここここれは重いわ。

感想書くと物凄く長くなりそうなのでパス。
ちなみに娯楽性はまったくない、当時の映像と関係者のインタビューのみで作られた、映画というよりはNHKの番組のような作品です。

バスジャックの犯人は元ストリートチルドレンの青年。
彼があの絶望的な状況の中で、投降しなかった理由。

ブラジルのお偉方がこの映画を観たのなら感想を聞いてみたいですね。

  • 2008/10/17/Fri 00:06:16
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:ゲーム

■FFTA2


現在「ファイナルファンタジータクティクスA2 封穴のグリモア」プレイ中。

今回はジョブも増えたけど、ロウもめちゃめちゃ増えた。
(「ロウ」→このゲームにおいてバトルをする際に設けられるルールのこと)
しかも理不尽なのが多い。

その1、
「ノックバック ( クリティカルヒットで1パネルずれること ) 禁止」

狙って出るもんじゃないのに禁止って言われても。


その2、
「2パネル以上離れた相手への攻撃禁止」

隣へ攻撃した際、ノックバックして位置がズレたら 「 ロウ違反!!」 ときた。
攻撃した結果、弾かれて離れたのに違反っておかしくね?


その3、
「三属性(炎、氷、雷)使用禁止」

勝利条件が「どんな手を使ってもいいから 2ターン以内で敵を全滅させろ!」 なんですけど・・・


その4、
「異性愛護(異性に対する攻撃禁止)」

女性だと思ったらオカマだった


いずれ劣らぬ困ったルールばかり。


  • 2008/10/14/Tue 23:37:04
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日記

■おねがいカプコン


先週末は東京ゲームショウだったんですね~。
今年の特別法廷はもちろん「逆転検事」ネタだったそうで、すでにネットには上がっているのですが
うちのパソコンで見られるはずもなく。

逆検の予約特典に付けてくんないかな・・・いやけっこう切実に・・・。

  • 2008/10/12/Sun 22:09:09
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日記

■誰が借りるのか


有名な映画にはバッタもんがつきものです。
「SAW」の紛い物なんかものすごい数です。

今日TSUTAYAで見かけたのは
「クローバーフィールド HAKAISYA」
のバッタもん。

「クローンフィールド HAKAISHI」


・・・墓石?

いやまさか。思いつつパッケージを手に取ったら

「その墓地で、一体何が起こったのか」

墓石だった。

  • 2008/10/12/Sun 17:54:56
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:映画

■21グラム

21グラム (初回出荷限定価格)21グラム (初回出荷限定価格)
(2004/11/05)
ショーン・ペン
ナオミ・ワッツ

商品詳細を見る

<ストーリー>
優しい夫と可愛い2人の娘に囲まれ、幸せに暮らすクリスティーナ。しかしある日、夫と娘達を一度に失う痛ましい事故が起こる。3人を撥ねた車を運転していたのは、前科者だが今は熱心なクリスチャンのジャックだった。そして夫の心臓は余命一ヶ月と宣告されていた大学教授、ポールの元へ渡り、移植手術が行われる。出会うはずのなかった3人が事故をきっかけに巡り会い、事態は思いもよらない結末へ向かう。


3人のストーリーがそれぞれ細かく場面転換しながら進むのですが
時系列がバラバラなので最初は「ん?んん??」となります。
とくに前半30分はけっこーしんどい。慣れるけど。

以下ネタバレ。
ポールが、臓器提供者の死因と残された妻のことを知って、何かできないかと遠くから見守るうちに愛が芽生えるというのは分かるんだけど、クリスティーナは「夫が死んで数ヶ月しか経っていないのにこの尻軽」感が拭えない。実際こんな目にあったら正気じゃいられないだろうし、支えてくれる人に寄り掛かってしまうのも分からなくはないが、心臓提供した上に嫁さん寝取られたら旦那が浮かばれないよ。

しかしクリスティーナは徐々におかしくなっていきます。いや、正気に戻ったというべきか。
事故直後、何をしても夫と子供達は返ってこないと言って告訴もせずに酒や薬に溺れていたクリスティーナが、ジャックへの殺意を現してくるのです。ポールは彼女を宥めますが

じゃあお前が代わりに殺って来い
むしろ彼の心臓で生きているお前が仇を打つべきだ


と言われてしまいます。


ところでところで、ジャック役はベニチオ・デル・トロなのですが、「シン・シティ」のジャッキー・ボーイと同一人物とは思えないくらいカッコいいです。特に後半は髪型のせいもあって「ジェシー・ジェームズの暗殺」のブラピに似てます。いやびっくりした。

  • 2008/10/09/Thu 01:09:43
  • COMMENT:4
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:映画

■ダーティ・ダンシング

ダーティ・ダンシングダーティ・ダンシング
(2003/03/05)
ジェニファー・グレイ
パトリック・スウェイジ

商品詳細を見る

<ストーリー>
舞台は60年代のアメリカ。ベイビーは17歳の夏、家族で訪れたリゾートホテルでダンス・インストラクターのジョニーに出会った。
ひょんな事からジョニーのパートナーの代役をすることになったベイビーは、それまで縁のなかったダンスの猛特訓に励む。裕福な家庭で真っ直ぐ育ったお嬢様のベイビーと、ダンスで稼いでその日を暮らすジョニー。相反する2人はいつしか恋に落ちるが、ベイビーの父親に交際を反対され、ジョニーはインストラクターの仕事をクビになってしまう。


はい、これも大好きな映画です。音楽物とかダンス物もけっこう好きなんですよ、
ホラーには負けるけど。
( しなくていい主張 )

これをはじめて見たのはもうずいぶん前ですが、当時友人が
「パトリック・スェイジの 腰!腰!腰!!」
と絶叫していたのを思い出します。

いやー確かにパトリック・スェイジはセクシーすぎる。
こんなインストラクターがいたら教室大人気間違い無しだネ。

ベイビー役のジェニファー・グレイも可愛い。ダンスが上達していくのが見ててドキドキします。
クライマックスのリフトが決まるシーンは何回観ても最高。

こんな風に踊れたら・・・と妄想せずにはいられない。

  • 2008/10/08/Wed 00:26:53
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:映画

■88ミニッツ

88(エイティーエイト)ミニッツ88(エイティーエイト)ミニッツ
(2008/07/11)
アル・パチーノ
アリシア・ウィット

商品詳細を見る

<ストーリー>
若い女性を狙う連続猟奇殺人事件が発生し、フォースターという男が逮捕された。無罪を主張するフォースターだが、FBI異常犯罪心理分析官医のジャック・グラハムの証言が決め手となり、死刑が宣告される。
9年後、フォースターの死刑執行日の朝、ジャックの教え子が死体で発見される。しかも犯人の手口は9年前の事件と全く同じだった。にわかに湧き上がってきたフォースター冤罪の可能性に世間は揺れる。そして、当事者であるジャックの携帯には「お前の命はあと88分だ」との不気味なメッセージが・・・。


予告編が面白そうだったのでレンタル。
「容疑者は4人の美女」というあおり文句に釣られたとも言う。

出だしは中々面白かったのですが、進むにつれて少々グダグダ。
なぜ「88分」なのか、その答えは後半明らかになりますが、ジャックの過去に関係しているこの数字の意味はかなり衝撃的。

しかし、時々「世界仰天」とかでもあるけど、向こうの裁判って目撃証言が絶対ですね。
逆さ吊りになってクロロフォルムで意識朦朧とした女性の証言が罷り通るんだったら、冤罪なんかごろごろありそう。

■デッド・サイレンス

デッド・サイレンスデッド・サイレンス
(2008/07/09)
ライアン・クワンテン
アンバー・ヴァレッタ

商品詳細を見る

ジェームズ・ワン監督
リー・ワネル脚本
つまり、「SAW」と同じコンビが手掛けた作品。
そりゃもう
期待も高まるってもんですよ。

どきどきわくわくしながら再生。

・・・・・・・・・。

何コレ。

怖くないって言うか映画としてつまらない。

<ストーリー>
仲睦まじい若い夫婦の元に届けられた一体の腹話術人形。差出人のないその贈り物を不審に思いつつも夫のジェイミーは夜食を買いに外へ。ところが帰宅すると妻は寝室で殺されていた。争った形跡がないことから犯人扱いされるジェイミー。彼は真相を突き止めるべく、腹話術師に纏わる不吉な言い伝えがある故郷へ向かった。


そんな不気味な言い伝えがあるならさっさと人形燃やせばよかったのに。

以下超ネタバレ。
要は、昔主人公の村で腹話術師のばーさんが男の子を誘拐して自分の人形にしちゃうんだけど、それで村の人に殺されちゃうんです。舌を切り取られて。で、その自分の殺害に加わった村の人間を末代まで祟る逆恨みババアの怨霊の話です(パッケージの人がソレ)。

なんでかわからないけど、「叫ばなければ」殺されません。
叫ぶと、舌を切り取られちゃうんです。
でも、暗闇の中でいきなりパッケージのばーさんの顔が現れたらフツー叫ぶだろ。

そう思うと、「叫ぶ」という行為は不思議だなと思います。
人は何故、怖い目に合ったとき叫ぶのか。普通は自分が危険な目にあっているということを周りに伝えるためだろうけど、この話みたいに「叫んではいけない」場合も叫びそうになるのは何故だろう。

映画の中で、刑事が腹話術師の館で高いところから落下して叫び、舌を切り取られちゃうシーンがあります。普通にほっとけば死ぬ高さだったのに。
てゆーかこの刑事はばーさんの「殺すリスト」に載ってないはずでは。

不可解なことが次から次へと起きているのにさくさく先へ進む主人公のせいで全く怖くありません。いやそりゃ暗闇で見る人形は不気味だけれども。あまりにもつまらないんで何回か挫折しそうになりました。
しかしそこは「SAW」の監督・脚本コンビ。
ちゃーんと大どんでん返しが用意されていたのです。なるほど、それが「完璧な人形」か!

でもそこのオチに至るまで84分。
尺が89分(うち2分はエンドロールだから実質87分)と考えると
あまりにも割が合わない、と思う。

  • 2008/10/02/Thu 23:13:33
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:映画

■迷子の警察音楽隊

迷子の警察音楽隊迷子の警察音楽隊
(2008/06/13)
サッソン・ガーベイ
カリファ・ナトゥール

商品詳細を見る

<ストーリー>
文化交流のためにイスラエルに招かれてやってきたエジプトのアレキサンドリア警察音楽隊。
空港に予定の迎えが来ず、音楽隊は自力で目的地へ向かったが、バスに乗って辿り着いたのはよく似た名前の砂漠の田舎町だった。


イスラエル映画です。タイトルに惹かれて借りちゃいました。
爽やかなハートウォーミング系かと思ったら、どちらかといえばちょっと寂い感じ。
コメディなんだけど。

最終バスはすでになく、一泊しようにもホテルもない田舎町。
途方に暮れた音楽隊は、食堂の女主人の計らいで、食堂、女主人の家、常連客の家に分かれて一夜を過ごすことになります。

ここで、ハリウッド映画なら「音楽隊の演奏で、長年対立していたアラブ人とユダヤ人が打ち解け、友情が芽生え、次の朝には寂しいながらも晴れ晴れとした別れが」・・・となるんでしょうが、この映画は淡々としていて、とくに登場人物の間に何らかの変化があるわけではありません。女の口説き方をレクチャーしてもらって上手くいったからといって友情が芽生えたりはしないのです。

それでも、食堂の女主人に、頑固で真面目な音楽隊の隊長、女に目がない若手隊員。
みんな魅力的で不思議な味わいがあります。
秋の夜長にどうぞ。

■-less [ レス ]

-less[レス]-less[レス]
(2006/10/27)
レイ・ワイズ
アレクサンドラ・ホールデン

商品詳細を見る

今日レンタルしてきたのはコレ。
「ビキニキラー 真夏の食い込み殺人」ではなく、「ビッグ・トラブル」の監督ジャン=バティスト・アンドレアのデビュー作、「-less [ レス ]」。

<ストーリー>
クリスマスの夜、祖母の家で開かれるパーティーに参加するため車を走らせるハリントン一家。
父親のフランクが高速を下りて近道をしようとたところ、いつの間にか暗くひと気のない道に迷い込んでしまう。やがて一家は赤ん坊を抱いた白いドレスの女性と遭遇、彼女を病院へ運ぼうと車に同乗させるが・・・。


以下ネタバレ。
夢オチだった。
彼氏はバラバラ、弟は丸焦げ、母親の不倫発覚。
こんな夢見るなんて病んでるな、長女。

「怖い」と評判のこの映画ですが、コレといったホラーなシーンはありません(バラバラも丸焦げも画面には映らない)。この映画の怖いところは、今しがたまで正常だった父親や母親が急にラリラリになってしまうところでしょう。
息子の死を目の当たりにした母親は狂ってしまいます。
後部座席でひたすら喋り続け、顔中を汚しながらパイを食べる姿はキモイより怖い。

面白くないわけではなかったけど、夢オチだからあんまりお勧めはしません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。